リフォーム集客 研究ブログ

REFORM WEB MARKETING BLOG

2021.03.30

グリーン住宅ポイントがスタートしました!

2021年3月29日より「グリーン住宅ポイント」の申請が開始されました。

概要としては、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、
「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントが発行される制度です。

今回はこの制度について、詳しく見ていきたいと思います。

■制度全体の流れ

ポイントを商品に利用する場合

ポイントを追加工事に利用する場合

 

■申請区分と条件

①新築住宅の建築・購入
・契約時に建築1年以内、第三者が未入居の住宅
・一定の省エネ性能を満たす
・購入者等が自ら居住(1人1回)
・30万~100万ポイントを発行 等

②既存住宅の購入
・2019年12月14日以前に建築された住宅
・売買代金が100万円(税込)以上
・購入者が自ら居住(1人1回)
・申請は入居後(完了前申請不可)
※申請受付は2021年5月6日より開始予定
・15万~45万ポイントを発行
・同一住宅は1回まで
(購入前の第三者ポイント発行を含む) 等

③リフォーム工事
・工事の内容に応じてポイント発行
・最低5万ポイント以上の工事
・賃貸住宅へのリフォームも可
・1,000万円(税込)以上は工事完了前の申請も可
・上限内で同一住宅でも複数回の申請可 等

④賃貸住宅の建築
・全戸がトップランナー基準で床面積が40㎡以上
・棟単位で申請
・戸建住宅や店舗等の併用住宅は不可
・ポイント利用は追加工事のみ
(2022年1月15日までの完了報告が必須)

 

■2021年のスケジュール

3月29日   完了前申請受付開始(新築、リフォーム、賃貸、既存) 【窓口・郵送】
5月6日(予定) 完了後申請受付開始(新築、リフォーム、賃貸、既存) 【窓口・郵送】
6月1日(予定) 商品交換の受付開始 【オンライン・郵送】
        完了報告の受付開始(新築、リフォーム、賃貸) 【窓口・郵送】
        オンライン申請受付開始 【オンライン】
10月31日まで 全ての申請受付終了 【郵送は必須】

 

■申請方法

【完了前申請】
①工事請負契約または売買契約
②必要書類を揃える
③(完了前)ポイント発行申請
④ポイント発行
⑤ポイント利用
⑥工事または住宅の引渡し
⑦完了報告(期限の確認)

※リフォーム(個別申請)の場合は工事代金が1,000万円(税込)以上の場合のみ完了前申請が可能
※既存住宅の購入の場合は完了前申請は不可

【完了後申請】
①工事請負契約または売買契約
②工事または住宅の引渡し
③必要書類を揃える
④ポイント発行申請
⑤ポイント発行
⑥ポイント利用

※リフォーム(一括申請)の場合は完了後申請は不可

 

■ポイントの利用用途

商品との交換に利用する場合
(以下の政策テーマに該当する商品と交換できます)
・「新たな日常」に資する商品
・省エネ・環境配慮に優れた商品
・防災関連商品
・健康関連商品
・家事負担軽減に資する商品
・子育て関連商品
・地域振興に資する商品

一定の要件に適合する追加工事との交換に利用する場合
(以下に該当する追加工事(グレードアップ工事を含む)の代金に充当)
・「新たな日常」に資する追加工事
 (ワークスペース設置工事/音環境向上工事/空気環境向上工事/菌・ウイルス拡散防止工事/家事負担軽減に資する工事)
・防災に資する追加工事

 

以上概要をまとめてみましたが、リフォームに関してもポイントを利用して商品や追加工事と交換できる嬉しい制度となっています。
しかし、こういった制度について多くのユーザーは知らないことが多いため、
ホームページのTOPページなど目につきやすい場所に掲載することで、
リフォームを検討中のユーザーの背中を押すきっかけにもなり得ると思います。

これからも新鮮な情報をキャッチしつつ、WEBマーケティングに活用していきたいと思います!
今回まとめた「グリーンポイント」についての詳細は国土交通省のホームページをご覧ください。
(URL:https://greenpt.mlit.go.jp/

最後までお読みいただきありがとうございました!
本日の更新は大河内でした。
(プロフィールはこちら▶https://quickly-web.com/staff/okouchi/)
次回の更新をお楽しみに。

この記事を書いた人

okouchi

三重オフィス WEBディレクターの大河内です。 対応は素早く、ご理解いただきやすい丁寧な説明を心掛けています。 インターネット広告やホームページ制作など、 WEBに関する事ならお気軽にお問い合わせください。