リフォームWEBマーケティング 研究ブログ

REFORM WEB MARKETING BLOG

2021.03.17

リフォームのユーザー調査まとめ「業者選びのポイントとは?」

前回に引き続き、リフォームのユーザー調査まとめ第2弾!
一般社団法人住宅リフォーム推進協議会が発表している
「住宅リフォーム潜在需要者の意識と行動に関する調査 第11回 調査報告書」
から分かる傾向についてまとめていきたいと思います。

※持ち家に居住する30代~70代の男女13,160人に調査(2018年9月)
参照:http://www.j-reform.com/publish/pdf/internet-H30-houkoku.pdf

 

今回は「ユーザーが何を基準にリフォーム業者を選ぶのか」について着目し、
WEBページ制作において重要な要素について考えていきたいと思います。

■リフォーム依頼業者の重視点TOP5
工事の質・技術(戸建て:54.1%、マンション57.0%)
工事価格の透明さ・明朗さ(戸建て:29.8%、マンション:31.3%)
担当者の対応・人柄(戸建て:30.2%、マンション:25.3%)
工事価格が低いこと(戸建て:28.1%、マンション:26.1%)
要望に対する理解力(戸建て:21.6%、マンション:23.7%)

また、依頼業者別に特に重視されている点は下記の通り。
大工:担当者の対応・人柄
住宅・建設会社:デザイン力・提案力
リフォーム専門会社:工事価格の透明さ・明朗さ、工事価格が低いこと、工事の質・技術
外装・防水等の専門工事店:工事価格の透明さ・明朗さ、工事価格が低いこと、工事の質・技術、アフターサービス
ホームセンター・家具店:価格が安いこと、アフターサービス
家電量販店:要望に対応する理解力、工事価格の透明さ・明朗さ

 

話はそれますが…先日ホームセンターと家電量販店のリフォームスペースを見に行きました!
買い物ついでにふらっと見られるショールームはやはり魅力的ですね。
ですが、正直「商品を売っている」という印象が強かったです。

確かに気軽に商品を見て触れられて、しかも価格も安そう。それは大きなメリットです。
しかしよく見たら工事費が小さく書いてあったり、きっと表示価格よりも大きく費用かかるんだろなと思いました。

また、お客さんの対応をしているスタッフさんを見ていても“窓口担当者”という印象。
(実際はどんな方か分かりません、あくまで印象です。)
もし自分がリフォームすると考えた時、
細かい要望を伝えたり色々と提案してもらいたいので、リフォーム専門会社のプロに相談したい!
例え他社よりも多少価格が高くても、信頼のおける担当者に出会えたらそこで決めると思います。

それぞれのメリットデメリットはありますが、それぞれに向いている人は下記の様な人だと思います。
【家電量販店に向いている人】
・欲しい商品が明確に決まっている
・とにかく安く済ましたい
・家電も含めて依頼したい

【リフォーム専門会社に向いている人】
・親身に相談に乗ってほしい
・金額にしっかり納得してからお願いしたい
・アフターサービスも重視したい

 

以上のことを含め、リフォーム専門会社のWEBページ制作において
信頼(人柄・技術・アフターサービス)」「価格の透明さ(なぜこの価格なのか納得できるか)」
という要素が重要だと分かりました!

 

今回は以上となりますが、今後も研究を続けます!
WEBページ制作においてどんな見せ方が有効なのかなど、深堀していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!
本日の更新は大河内でした。
(プロフィールはこちら▶https://quickly-web.com/staff/okouchi/)
次回の更新をお楽しみに。

この記事を書いた人

okouchi

okouchi

WEBディレクターの大河内です。丁寧かつ素早い対応で、結果に繋がる良いコンテンツ制作に努めます。