2021.12.09

SNS広告とは?アレコレ一挙に解説

SNS広告とは、SNS上に表示できる広告のことを指します。
不特定多数のユーザーに効率よくアプローチをかけられるため、
SNS広告に力を入れている企業は非常に多いです。

一方で、SNS広告についてイマイチよく分からないという方もいるでしょう。
SNS広告は、今や宣伝手法の主流といっても過言ではありません。

当ページでは、SNS広告の効果メリット・デメリット、費用などを網羅的に解説します。

1. SNS広告とは
2. SNS広告で得られる4つの効果
3. SNS広告のメリットデメリット
4. SNS広告の制作・出稿に必要な費用
まとめ

 

SNS広告とは?

SNS広告とは、SNSに配信できる広告のことです。 

日本のSNS利用者は2020年で約8,000万人。普及率は80%となっています。

画像引用元:令和元年度通信利用動向調査


利用者数は年々増加傾向にあるため、ますますSNS社会は賑わっていくでしょう。
 

具体的な数字を見ても、いかにSNSが人々の生活に密接に関わっているかが分かります。 

 ユーザーが多いということは、
それだけ多くの人に自社を知ってもらうチャンスがあるということです。
たくさんのユーザーに効率よく情報を発信していけるため、
SNS広告は非常に有効な宣伝手法といえます。
 

SNS広告で得られる4つの効果

①認知の拡大 
売上を上げるためには、まず企業や商品について知ってもらうことが重要です。
SNS広告なら不特定多数のユーザーの目に触れるため、
今まで企業や商品を知らなかったユーザーに対してもアプローチができます。
 

②売上アップ 
認知拡大が成功することで、売上アップの可能性が高まります。  

ただし、自社商品やサービスが多くの人に知ってもらえたとしても、
必ずしも売上とイコールになるとは限りません。
認知を売上アップにつなげるためには、効果的な戦略を立てることも大切です。
 

③ファンの獲得 
SNS広告は、ユーザーの投稿と同じようにタイムライン上などに広告が掲載されます。
友達の投稿をチェックする感覚で広告も見られるため、日々の情報収集がしやすいのが特徴です。
 

自分で企業や商品を検索する手間がなくスムーズに情報を得られるので、
自然と広告もチェックしてもらえます。
この流れを長期化させることで、ユーザーをファンへと昇華させることが可能です。

④顧客ロイヤリティの向上 
特定の企業や商品・サービスに対する信頼や愛着を示すことを「顧客ロイヤリティ」といいます。
SNS広告によるブランディングに成功すれば、顧客ロイヤリティを向上させることもできます。
 

顧客ロイヤリティの向上で顧客がリピーターとなり、
継続的に商品やサービスを購入してくれる可能性が高まります。
また、顧客自ら良い口コミを拡散してくれることもあるため、
SNS広告の利用は企業のイメージアップに対する貢献度も高いです。
 

SNS広告のメリット・デメリット

SNS広告には、メリットとデメリットの両面が存在します。
広告戦略を立てる上で、多くのメリットを得られるよう工夫し、
デメリットは極力回避できるよう対策を講じる
ことが重要です。 

では、SNS広告にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
それぞれのポイントをまとめたので、以下をご覧ください。
  

メリット

  • 少額で広告を出せる
  • ターゲットや投稿内容に応じてプラットフォームを選べる
  • 潜在顧客にもアプローチできる
  • 拡散力が高い

デメリット

  • 他広告との競争が激しい
  • 炎上リスクがある
  • 広告効果の分析や改善をこまめに行う必要がある


情報が欲しい際には、ユーザーが自ら検索を行って情報を得るプル型広告が一般的です。

SNS広告には、費用が少額で済むことやユーザーによる拡散が期待できることなど、
数多くのメリットがあります。
中でも特に注目したいのが、潜在顧客へのアプローチです。
 

ユーザーが企業名や商品について知っていることが前提となるため、顕在顧客のみのアプローチとなってしまいます。 

しかし、SNS広告は関連性のあるユーザーを中心に広告を表示できるので、
潜在顧客にもアプローチ可能になります。
効率よく顧客を増やしていけるのがSNS広告ならではの魅力です。
 

 一方、デメリットには他広告に埋もれてユーザーに見てもらえない可能性や炎上リスクがあります。
SNSでは常に最新情報が飛び交っているため、
広告効果の分析や改善を小まめに行わなければならないことも難しいところです。
 

 

SNS広告の制作・出稿に必要な費用

SNS広告の費用には、いくつかの形態があります。主な費用形態は以下の通りです。 

・インプレッション課金:広告表示回数に応じて費用が発生
・クリック課金:広告がクリックされるごとに費用が発生
・インストール課金:アプリのインストール数に合わせて費用が発生
・動画再生時間課金:動画が再生された時間によって費用が発生
・フォロワー課金:フォロワーを獲得するごとに費用が発生 

この他にも、エンゲージメント課金や友達追加課金などがあります。 

SNS広告にかかる費用は、成果による変動が大きいです。
多くのコンバージョンを獲得できれば、それだけ費用もかかります。
そのため、SNS広告を出稿するなら費用以上の効果を生み出せるかどうかをきちんと議論することが重要です。
 

まとめ

SNSは、国民の約8割が利用している大規模ツールです。
ユーザー数が多い、拡散力が強いなどのSNSならではの強みを活かし、
SNS広告で業績をアップさせた企業もたくさんあります。
 

 
SNS広告の概要やメリット・デメリットなどが理解できれば、あとは実行に移すことが必要です。
ただ、自力ではどう広告を出稿すればいいのか悩む人もいるでしょう。
 

 
そのような方には、SNS広告を代行してくれる業者に外注することも1つの手段です。
株式会社クイックリーなら、ターゲットに合ったSNS広告を戦略的に提案してくれるので、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。
 

SNS広告について媒体ごとの詳しい記事も是非チェックしてください。


この記事を書いた人

imaizumi

WEB広告プランナーの今泉です。 「基本を忠実に」を念頭に置きながら、自分にしかないアイデア、提案をしていき、関わる全ての人を幸せにできるよう業務に取り組ませていただきます。