リスティング広告のアレコレ

LISTING ADS BLOG

2021.10.13

リスティング広告の無料診断を実施している広告代理店の一例


リスティング広告は、インターネット上で商品やサービスを検索しているユーザー(いわゆる「今すぐ顧客」)にアプローチできる広告です。適切な広告運用を行うことで、売上アップに結びつけることが期待できるウェブ広告の中ではメジャーな広告と言えます。

しかし、成果を出すためのリスティング広告運用はそう簡単ではないのが実情です。「自社で広告運用を行っているものの、思うようにコンバージョンに結びつかない」「広告代理店に依頼しているけれど、レポートを見ても、最適に運用してもらえているのか分からない」といった悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方におススメしたいのがリスティング広告の無料診断です。本記事では、リスティング広告の無料診断を実施している広告代理店をご紹介します。

1. そもそもリスティング広告の無料診断は必要?

2. リスティング広告の無料診断を行っている会社の一例
2-1. 株式会社クロスバズ
2-2. 株式会社リンクル
2-3. 株式会社カッテージ

3. 株式会社クイックリーのリスティング広告無料診断

まとめ


1.そもそもリスティング広告の無料診断は必要?


リスティング広告を効果的に運用するためには、無料診断などを利用して広告の質を見直す必要があります。

SEO対策では、Googleアルゴリズムによって良質な記事と判断してもらうことが必要なため、検索エンジンの検索結果上位に表示させるためには時間がかかります。
それに対して、リスティング広告は、広告費をかけ、競合とのオークションに勝ることによって、検索エンジンの検索結果の上位に表示させるため、要する時間が比較的短くなっております。

しかし、検索ページの上位に広告を出せたからといって、必ずしもコンバージョンに至るとは限りません。「クリック数は伸びるのに、広告費に見合った売上を獲得できていない」「広告代理店に任せているが、予算消化のために無駄なクリックを稼ぐような会社があると聞いたことがあるので不安」といった悩みを抱えている方もいらっしゃいます。こうした壁にぶつからないよう、リスティング広告は定期的に見直すことが大切です。

次項では、運用中のリスティング広告に対して無料診断を行っている会社をご紹介いたします。

2.リスティング広告の無料診断を行っている会社の一例


「リスティング広告の分析・解析ってどうやったらいいのか分からない」
「プロに現状を見てもらいたいけど、無料で見てもらえるところはあるの?」

そのような方のために、ここではリスティング広告の無料診断を行っている会社を紹介します。

2-1.株式会社クロスバズ

クロスバズは、2020年に設立された企業です。WEBサイトやLP制作事業をはじめ、コンサルティング事業やインターネット広告代理事業など幅広いサービスを展開しています。

クロスバズの無料診断は、リスティングアカウントの現状を分析し、結果をスコア化します。結果をもとにプロの運用者がアドバイスをくれるので、今後の改善に大きく役立てることができます。

問い合わせから改善レポートの納品までは1週間ほど。スピーディーな対応もクロスバズの魅力です。

注意点としては、無料診断サービスは毎月先着5社限定となっているため、依頼したい場合は早めに問い合わせを行うことをおすすめします。

2-2.株式会社リンクル

リンクルは、2011年に設立された、700社以上の広告運用実績を誇る企業です。

アパレル、食品、求人など業界それぞれに専門チームを作っているため、専門性が高く安心して運用を任せられます。その結果、リンクルによる売上アップ成功率は90%以上としっかりと成果に結び付けてくれるので、様々な業界から支持されています。

リンクルでは、クライアントの運用状況を明確にする無料診断サービスを提供しています。運用依頼などをしていなくても無料で対応してくれるため、無料診断を申し込んだといって契約を迫られるといった心配はありません。

2-3.株式会社カッテージ

カッテージは、2019年に設立されたインターネット広告の代理店です。

リスティング広告、ディスプレイ広告などの広告運用だけでなく、ウェブサイト制作やコンサルティングなど対応事業は多岐にわたります。

カッテージの魅力は、営業から広告運用までを経験豊富なスタッフが一気通貫で担当するところ。作業ごとに担当者が変わることで認識のズレが生じる心配もないので、安心して担当者に悩みやニーズを相談できます。無料診断においてもしっかり対応してくれるでしょう。

3.株式会社クイックリーのリスティング広告無料診断


無料診断を行っている企業を3社ご紹介いたしましたが、弊社、株式会社クイックリーでも、リスティング広告の無料診断を実施しています。
広告のターゲットの人物像を想定し、コンバージョンの定義や計測・内容把握が適切かどうかを確認したうえで、ターゲティングに無駄がないか(=広告費を無駄遣いしていないか)といった基本的な部分から、更に広告配信の最適化ができないかという細部まで診断しております。
「せっかく広告費を投資するからには、無駄が少しでも少ないように配信したい!」という方は、クイックリーの無料診断をぜひお試しください。

まとめ

リスティング広告は、出稿するだけでなく、運用効果がしっかりと出るまで、定期的にデータを分析し、問題点があればすぐさま改善を行う必要があります。

とはいえ、自社でリスティング広告を見直す際、「本当に今の配信でよいのか?」と不安に感じることもあるでしょう。

広告運用代行業者の無料診断を利用すれば、プロがしっかりと現状を分析し、改善のアドバイスをしてもらえます。余計な費用がかかる心配もなく現状を的確に把握できるので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

nakase

WEB広告プランナーの中瀬です。                                                                                                                                新しい知識を吸収して、お客様の成果に繋げられるように頑張ります!